デイケアとデイサービスの違いを知っていますか?

この記事は2分で読めます

Sponsored Links

「デイケア」と「デイサービス」

最近良く耳にする言葉ですが
どう違うのかを理解していますか?

2つとも同じような意味で使用していませんか?

普段良く使う言葉だけど違いがわからない・・・

いったい「デイケア」と「デイサービス」の違いは何なのか
わかりやすくまとめてみました。

a0800_000679

デイケアとデイサービス

まずデイケアとデイサービスの意味なのですが

デイケア=通所リハビリテーション
デイサービス=通所介護

ということになります。

デイケアとは
老人保健法に基づき
指定されている介護老人保健施設、病院、診療所などの

通所リハビリテーション事業者が

痴呆等の精神障害を有する患者さんまたは

脳血管疾患に起因する運動障害を有する患者さんに対し

理学療法や作業療法、言語療法などを用いて

心身機能の回復・維持を目的として提供するサービスです

一方デイサービスは
老人福祉法に基づき
自立生活の助長、心身機能の維持、向上を目的で自治体や社会福祉法人が行うサービスです
老人デイサービスセンター、特別養護老人ホームなで行われます。

対象者としては
在宅の虚弱老人、寝たきり老人などが当てはまります。

 

デイケアとデイサービスの違い

この2つのサービスの大きな違いは
通所介護の場合、
外出・社会的な交流、家族負担の軽減が主になってきます。
それに対して通所リハビリは、
身体機能の維持・回復、痴呆の軽減と日常生活の回復
が主となってきます。

わかりやすく言えば
デイケアはリハビリを主な目的とし
理学療法、作業療法等の必要なリハビリを受けることができる。

デイサービスは日常の生活援助を主な目的とし
日常生活上の世話と機能訓練を受けるもの
ということです。

 

医療機関のデイケアの基準として

スタッフには医師、専従する理学療法士、作業療法士、または経験を有する看護士が必要となっています。

一方デイサービスは、医師は不要で寮母、生活指導員、看護士、運転手などが必要とされています。

いずれのサービスもレクレーションや昼食の提供、入浴支援などは
対応しているところが多いです。

以上のことなどから
利用料金もデイケアのほうが単価は高いです。

 

デイケアはほとんどが単独で施設を持っているのではなく

老人保健施設などに併設されていますが多いです。

ですので理学療法士などのスタッフは、

老人保健施設などの入所者とデイケアへ通ってくるの通所者の両方のリハビリを担当することが多く、

時間の制約や人員の問題などで十分なリハビリを行うことができない

という問題も起こっているようです。

これからの高齢化社会に対して解決していかないといけない問題は

まだまだたくさんあるようです。

 

 

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

このサイトについて

このサイトの管理人”のぶ”です
気になるワードや話題のイベント
知りたい情報などを
Pick Up しています
お役に立てれば幸いです。

カスタム検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近のコメント