山開きの富士山 世界遺産効果で行列!

この記事は2分で読めます

Sponsored Links

7月1日は毎年恒例の富士山の山開きです

とくに今年は世界遺産に登録されたこともあって
例年以上の登山客が予想されてるようです。

この山開きなんですが、年によっては
積雪のために山頂までいけないこともあるようなのですが

さて今年はどうなんでしょうか・・・

a0781_000010

 

毎年山開き前には山小屋の関係者やガイドさんたちが
除雪など登山道の整備を行なっています

話によりますと今年は雪も少なく山頂までの開通は大丈夫なようです(山梨県側)

静岡県側は山頂までいけるのは7月8日からとの事です。

ここ数年「山ガール」の言葉もあるように、
気軽に登山を楽しむ方が増えてきているようです

せっかくですので少し富士登山に必要な情報をまとめてみました

服装・持ち物

  • レインウェア・雨具
  • アンダーウェア・Tシャツ
  • 防寒用ウェア(フリースなど)
  • 帽子
  • パンツ・ズボン
  • トレッキングシューズ
  • ヘッドライト
  • カメラ・デジカメ
  • 腕時計
  • 飲み物
  • 行動食
  • 日焼け止めクリーム
  • 常備薬
  • 健康保険証
  • 富士山マップ
  • 小銭

などなど、必ず持っていったほうが良い物をピックアップしてみました

富士山はとにかく想像以上に寒いのでレインウェアや
防寒対策をしておかないと致命的だそうです

高度が100m上がると0.6度気温が下がります、

と言うことは高度3776mの富士山頂付近は
平地と比べて20度くらい温度が低いことになります

9月以降は気温も下がって初心者には厳しい時期なので、
7月1日~8月末までがベストのようです。

登山ルート

1)河口湖口登山道

  • 東京方面から最も近い
  • 山小屋がたくさんあるので休憩などしやすい
  • 人気ルートなのでとにかく人が多い
  • シーズンになると頂上付近で渋滞することもある
  • 走行距離が比較的長い

2)富士宮口登山道

  • 頂上までの距離が最も短い
  • 駿河湾を望む景色がすばらしい
  • 富士山最高地点の剣が峰まで最も近い
  • 上りと下りのルートが同じなので登山者が多い時は歩きにくい

3)須走口登山道

  • 人が少ない
  • 下りは砂走りなので楽
  • 山小屋が少ないので水分補給などしっかり自分で準備しておく必要がある

4)御殿場口登山道

  • 人が少ない
  • 標高が低いところから登り始めるので体が慣れる
  • 山小屋が少ない
  • 標高差2300m、距離が11kmある

御殿場口ルートは上りにかかる時間は7時間30分ほどかかるようですが
他の3つのルートはいずれも5時間~5時間30分で登ることができるようです。

富士山登山は「5合目」までバスや自家用車で行くのが一般的なので
天気情報はもちろん各ルート近くの駐車場の情報や
道路規制なども事前に調べておく必要がありそうです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

このサイトについて

このサイトの管理人”のぶ”です
気になるワードや話題のイベント
知りたい情報などを
Pick Up しています
お役に立てれば幸いです。

カスタム検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近のコメント