スーパームーン現象と地震との関係?

この記事は1分で読めます

Sponsored Links

本日6月23日は月が最も地球に近づくタイミングと満月のタイイングが重なる「スーパームーン現象」が起こりました

あいにく管理人の住んでいる地域では雲に邪魔されて見ることは出来ませんでしたが

場所によっては素晴らしい満月を観測できたところもあったようです。

a0960_003048

 

月が地球の周りを回るのは円ではなく楕円の軌道をえがくため

地球と月の距離は一定ではなく、月が地球に最も近づく時と満月あるいは新月のタイミングが重なる状態の時を「スーパームーン」と呼びます。

ちなみに次回は2014年8月11日です

もともと「スーパームーン」という言葉は占星術の用語のようで

惑星直列や地震の予兆のように捉えられてることもあるようですが

このようなことについてははっきりとした裏付けはなく、あくまで風説に過ぎないようです。

2011年の「スーパームーン」の数日後に東日本大震災が起こったこともあり

地震と結びつける説が流れているようです

ただ、過去にも「スーパームーン」前後に地震が起こっているのは間違いないようで

そのことに触れているサイトもあります

地震を呼ぶ巨大な月“スーパームーン”が大接近!! 6月23日の前後1週間に大地震の可能性!!  赤かぶ

月と太陽の引力による影響を受けている地球・・・

神秘の宇宙の中にあってこれまで解明されていない公式があっても不思議ではないですよね

短い期間に阪神淡路大震災、東日本大震災と2度も大きな地震に見舞われた私達日本人

地震大国日本だからこそより確かな地震のメカニズムの究明

そして予知

近い将来必ず来るであろう南海大地震にそなえて一人一人が真剣に向き合う必要があるようですね。

 

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

このサイトについて

このサイトの管理人”のぶ”です
気になるワードや話題のイベント
知りたい情報などを
Pick Up しています
お役に立てれば幸いです。

カスタム検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近のコメント